EDの原因は大きく3つに分けられる

EDとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常男性は性的な刺激を受けると、脳による興奮が神経を通して陰茎に伝わり、その結果として陰茎海綿体の動脈が拡張、十分な血液が流れ込むことで大きく膨らんでいき、それを勃起と呼んでいます。
ところがペニスの勃起力が落ちた、もしくは性行為をしている最中に中折れをしてしまうといったことが起こる場合には、EDという病気を疑って方が良いかもしれません。
脳のイラスト EDとは英語で「Erectile Dysfunction」の頭文字を取った言葉で、日本語では「勃起機能の低下」を意味している言葉になります。
日本ではEDのことを「勃起障害」や「勃起不全」と呼ばれることが一般的ですが、その症状は様々で、全く勃起に至らないケースもあれば、勃起には至るものの硬さや維持が不十分になるケースもあります。
また中には、一度はしっかりと勃起をするものの、性行為の最中に元に戻ってしまう、いわゆる中折れと呼ばれる症状が現れるケースもあります。
これらの症状の中でも最も多いのが、この中折れと呼ばれる症状です。
例えば自分の意思に反して勃起するのに時間がかかったり、勃起をしたとしても射精をする前に元に戻ってしまい最後まで持続しないなどの症状で悩んでいる方が多いです。

EDに関して簡単に説明をすると、自分の意思とは反して勃起機能が追い付かずに、満足に性行為を行うことができないという事です。
このEDは意外と多くの男性が悩んでいる病気で、日本人では成人男性の4人に1人が「ときどき性行為ができない」といったことを感じていて、中度以上のED症状を抱えているのが現状となっています。
ところが日本ではまだまだEDに関する認知度が低く、先ほどお伝えしたような症状を抱えていたとしても、それがEDであるかもと疑うことすらしない方が非常に多くなっています。
しかし、性行為ができる十分な硬さにならないといった非常に軽度な症状も含めればその推定数は1,800万人のED患者がいるともされていて、そうなれば3人に1人が何らかのED症状を抱えている計算になります。
特に年齢が上がれば上がるほど、その割合は増加していき、40代以上から急増していきます。
そして60代になると2人に1人がEDの症状を自覚しています。

ではEDと診断される具体的な定義についてですが、これは十分な勃起が得られない、もしくは維持できない為、満足な性行為が行えないといった症状が少なくとも3か月以上続いている場合にEDと診断されます。
EDの症状としては、先ほどもお伝えをした通り性的な興奮があるにも関わらず、中々勃起しないといった症状や最初は勃起をするが、それが持続しないなどの症状があります。
そして、さらに厄介なことに、そのような状態が続いてしまうと自分の性的能力に自信を無くしてしまい、性生活が億劫になってしまうケースが多いのもEDの特徴です。
このEDが引き起こされる原因は様々な事が考えられるのですが、神経や血管に何らかの異常がある事で起こる場合もあれば、ストレスや不安感といった心理的な理由によって起こる場合もあります。
EDの症状が長く続くと、男性としての自信を無くしてさらに悪化する可能性があるので、勃起の持続力をひきあげる対策が必要です。

心理的なストレスが原因のED

EDが起こる原因としては、様々な事が考えられますが、中でも最も多い原因が身体の機能そのものには何の問題もない状態で心理的・精神的な要因から起こる心因性EDになります。
この心因性EDはうつ病や統合失調症といった精神疾患を患っている方に多いのですが、そのような精神疾患を患っていなくても、心因性EDを発症するケースはあります。
悩みのある男性 例えば会社でのストレスや夫婦関係によるストレスなどによって引き起こされる可能性もあります。
また意外かもしれませんが、幼少期の経験やトラウマによって引き起こされ場合もありますので、心因性EDは誰にでも起こる可能性のある症状と言えるでしょう。
勃起をする為には、心身共に健康な状態であることが非常に重要で、身体の機能的には何の問題もない場合でも、精神的に性行為を行える状態でないと正常な勃起をしなくなってしまいます。
とは言っても、血流の悪さによって引き起こされる器質性EDとは異なり、心因性EDはその原因が人それぞれ異なり、その原因を見つけることは非常に困難です。

また性的な病気に関しては、中々周りにも相談ができなかったり、病院に行くにも勇気が出ないという方が多く、自分1人で悩んでしまう方が非常に多くなっています。
すると、その悩みがさらに心因性EDを症状を悪化させてしまい、性行為に対して緊張感や不安が増してしまうケースも少なくありません。
このように心因性EDはその症状が現れると、自信が無くなってしまい、さらに精神的に不安定になるといった悪循環を招いてしまう恐れのある厄介な症状になります。

一度、勃起がうまくいかないことから、次も失敗してしまうのではといった予期不安につながる心因性EDですが、やはり大切なことは1人で解決をしようとせずに専門家に相談をしてみることです。
そして何よりも大切なことは、パートナーの女性に悩みを打ち明けることが大切で、それだけでも精神的な不安が解消されますので、心因性EDの治療の第一歩としてパートナーに打ち明けてみてください。
中にはパートナーに打ち明けることで気持ちが楽になり、それによって心因性EDの症状が緩和してきたというケースもあります。
理想的な性行為は身体が結ばれるだけではなく、心も結ばれて初めて成立がするものですので、その心が結ばれる為には安心感や信頼感、尊敬といったことが欠かせないという事です。
性行為をするたびに常に不安感や劣等感を感じた状態では、正常な性行為が難しくなり、どんどんと負のスパイラルに陥ってしまいますので、そうならない為にもパートナーとの信頼関係を築くことが大切になります。

このように重大な精神疾患を抱えていなくても、心因性EDを引き起こすことはありますが、そうなると当然、重大な精神疾患を抱えていれば心因性EDを発症する可能性は高くなります。
例えばうつ病や統合失調症などが挙げられますが、他にもアルコールや薬物への依存も心因性EDを引き起こす原因となる精神疾患として考えられます。
このような重大な精神疾患によって心因性EDを発症している場合には、まずは精神疾患の治療を行うことが必要で、その治療と同時にEDの症状が無くなる事もあります。

生活習慣や動脈硬化がEDの原因に

心因性EDの他にもEDの症状が起こる場合がありますが、それが器質性EDになります。
この器質性EDとは体に何らかの異常があり、物理的に勃起ができなくなっているEDのことを指示しています。
この器質性EDは、細かく分類をすると加齢や糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病が原因となっている動脈硬化などに分けられます。
さらには前立腺がんや前立腺肥大などの治療によって外科的手術を受けている場合には、陰茎付近の神経や血管を損傷してしまう事でも引き起こされることがあります。

他にも不慮の事故によって脳から陰茎までの伝達を行う神経が損傷してしまう場合や、男性ホルモンの1つであるテストステロンの低下などによって器質性EDとなる可能性があります。
つまり器質性EDの分類としては以下の3つに分けることができます。

  • 血管障害によるもの
  • 神経障害によるもの
  • 内部分泌機能の低下によるもの

この中でも最も多い器質性EDは血管障害によるもので、加齢によって動脈硬化が進行してしまい、それによってEDとなってしまうケースが多くなります。
動脈硬化の原因となる病気としては糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病が主で、これらの病気と合併した形で器質性EDを発症しているケースが非常に多くなっています。
特に糖尿病の患者の約半数がEDの症状を抱えていると言われていますが、では何故動脈硬化によって器質性EDを発症してしまうのでしょうか。

人間は年齢が上がるにつれて、顔などの表情筋などの皮膚と同様に、血管壁の弾力も失われてしまいます。
弾力の失われた血管は十分な拡張をすることが困難になり、そうなると勃起をする為に必要な血液を性器海綿体に送ることができなくなります。
そうなってしまうと自分の意思とは裏腹に、正常な勃起をしなくなってしまうのですが、このような症状は年齢が上がれば誰にでも起こる可能性がある事で、早ければ20代の後半から症状が現れることもあります。
多くの場合は30代を過ぎたころから症状を感じることが多く、40代以上になるとその割合は一気に多くなります。

血管障害の他にも多いのが、神経障害による器質性EDですが、これは性的刺激を受けることで中枢神経と、性的興奮を伝える末梢神経のコントロールが正しく機能していない症状になります。
例えば糖尿病性神経症やてんかん、さらには脳卒中やパーキンソン病、多発性硬化症による神経障害によって引き起こされることがあります。
他にも血管障害と同様に前立腺がんや前立腺肥大、直腸がん、陰茎部の手術などの外科的手術によって陰茎部の神経が損傷してしまい、正常に勃起しなくなるケースもあります。
神経が損傷することで引き起こされる可能性がありますので、交通事故によって神経が損傷してしまう可能性もあります。

最後に器質性EDが起こる原因としては、内分泌機能低下によっても起こる可能性があり、代表的なものとしては男性ホルモンの1種であるテストステロンの低下によるものです。
主に精巣で作られるテストステロンは男性らしい体つきを作る他、闘争心や意欲、そして性欲や勃起力を司っているホルモンでもあります。
しかし、加齢などによってテストステロンの分泌が低下してしまいますので、それによって性欲が減衰したり勃起力の低下につながってしまいます。

薬がEDの原因になることも!?

薬イメージ

普段から常用している薬の副作用によってもEDが引き起こされる可能性があり、その薬によって引き起こされるEDのことを薬剤性EDと呼びます。
特に20代の若い男性が薬剤性EDを引き起こす原因として多いのが、精神安定剤や抗うつ薬、睡眠薬、向精神薬などの服用によるケースが多くなっています。
他にも高血圧の治療に用いられる降圧剤や高脂血症治療薬、胃潰瘍治療薬などを長期的に服用をしていて、尚且つEDの症状を訴えている場合には、それらの薬による副作用で症状が現れている可能性を考えます。
これらの原因は、中々素人目には判断が難しい為、気になるようであれば医師に相談をしてみる必要がありますが注意が必要な部分もありますのでお伝えしていきます。
例えば心因性EDの中にはうつ病によってEDが起こる可能性があるとお伝えしましたが、薬剤性EDの中にはうつ病の治療で用いられる薬によって引き起こされる可能性もあります。
すると、自分のEDの症状がうつ病などの心因性EDなのか、その治療によって服用している薬の副作用による薬剤性EDなのかの判断が非常に難しくなります。
その判断は特に素人では難しくなりますし、そのことで悩んでしまうと、負のスパイラルに陥ってしまう恐れもありますので、自己判断はせず専門家の意見を聞くようにしてください。

抗うつ薬以外にも薬剤性EDが引き起こされる可能性があり、器質性EDの原因でもお伝えをした高血圧や高脂血症などの治療薬でもEDとなる可能性があります。
そもそもが高血圧や高脂血症などは器質性EDの大きな要因である動脈硬化を引き起こす可能性が高いハイリスク群とも称されていますのが、それだけではなく薬剤性EDの可能性も考える必要があります。
例えば高圧利尿薬であるサイアザイド系の薬やカルシウム拮抗薬、中枢作用性交感神経抑制薬などの薬によっても薬剤性EDが引き起こされる可能性があります。
実際に降圧剤を服用している高血圧患者と降圧剤を服用していない高血圧患者では、降圧剤を服用している高血圧患者の方がEDを発症している率が高くなっているという報告があります。
何故、降圧剤を服用することで薬剤性EDが引き起こされるのか、その原因に関しては明らかになってはいません。

それでも多くの降圧剤を服用している方にEDの症状が現れていることから、降圧剤には薬剤性EDを引き起こす副作用がある事は間違いありません。
だからと言って高血圧の症状があるにも関わらず、降圧剤を服用しなければ、動脈硬化が進行してしまい、それによってもEDとなってしまう可能性がありますので、高血圧の治療は怠らない方が良いでしょう。
もしも高血圧の治療で降圧剤を服用している場合には、バイアグラなどのPDE5阻害薬を併用して服用することで対処することができます。
バイアグラの通販価格は通常病院で処方されるものより安い場合があります。
また実際にED治療薬と一般的な降圧剤の併用については問題が報告されていませんので、安心して使うことができます。
薬剤性EDとしては他にも男性ホルモン抑制剤や抗アンド口ゲン剤によっても引き起こされる可能性があります。
EDを発症していて長期的に服用している薬がある場合には、その薬の副作用を疑う必要があるかもしれません。