EDの原因は大きく3つに分けられる

セックスに使用する消費カロリーを計算してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

セックスをすることによってカロリーを消費するため、ダイエット効果を期待することができます。 1時間のセックスで30分のランニングと同じ消費カロリーであると言われていて、好きな人とイチャイチャをしながら、体を動かしていくことができるため、効率的なダイエットをすることが可能になっています。 セックスの場合は、嫌々体を動かすということがないため、ストレスをあまり感じることなく運動できるため、魅力的になっています。

ランニング

セックスで体を動かすことによって、消費させるカロリーは、体位によって異なります。 正常位の場合は、男性の消費カロリーが32カロリー、女性の場合は16カロリーになっています。 騎乗位の場合は男性が23カロリー、女性が75カロリーになっていて、バックは男性が35カロリー、女性が15カロリーになっています。

消費カロリーが高い体位には、本駒駆けや松葉崩し、抱き上げ、宝船、御所車などがあります。 本駒駆けは、男性が膝を曲げて座った状態の上に女性が同じ方向でひざの上のもたれかかるような体位になっています。 女性が膝立ちで上下左右前後に動く必要があるため、腹筋などのさまざまな筋肉を動かしていくことができます。 松葉崩しは、正常位の状態で女性の片足を男性が抱え持って、足を絡ませるようにして行うものであり、美脚効果が期待でき、下半身痩せを期待することができます。 抱き上げは、男性が女性の両足を後ろから持ち上げて挿入する方法になっていて、女性の場合は腕立て伏せのような体制になるため、胸筋を鍛えることができ、バストアップ効果も期待することができます。

セックスでは、いろいろな行為で多くのカロリーを消費することができます。 キスは68カロリーを消費して、激しいものになるとさらに消費カロリーを上げることが可能になっています。 体を舐めたり、かじったりするようなイチャイチャする行為をすると30分で238カロリー消費することが可能であり、たくさんのカロリーを消費することが可能です。 また、女性がフェラチオをした場合に消費するカロリーは、30~50カロリーであり、高いカロリー消費を期待できます。 フェラチオは小顔効果も期待することが可能であり、良い運動をすることが可能です。

セックスは、行う場所によっても消費カロリーが変わっていきます。 布団よりもベッドの方が消費カロリーが高い傾向があり、特にばねの反発力が高いと、多くのカロリーを消費しやすくなっています。

セックスにはダイエット効果も期待できる

セックスを行うことによって、全身を動かすことができるため、ダイエット効果を期待することができます。 好きな人と愛し合いながら体を動かすことができるため、嫌々運動をして体を動かすのとは違って、ストレスなく運動をすることが可能になっています。

ダイエットイメージ

セックスは、情熱的になることによって、多くのカロリーを消費することが可能になっています。 情熱的な感情になると、あらゆる運動を激しく行うようになり、短時間で多くのカロリー消費ができます。

セックスによって行う体位や行為によって、いろいろなダイエット効果を期待することができます。 お腹をシェイプアップするような動きや、バストアップするような動き、下半身痩せをするような動き、小顔効果があるような動きなどのさまざまなものを行うことが可能です。 ダイエット効果を意識してセックスを行うことによって、理想的な体形に仕上げていくこともできます。

セックスをすることによって、ダイエット効果以外にも、美容効果も期待することができます。 女性の場合は女性ホルモンを活発化させていくことが可能になっていて、肌に良いことをすることが可能になっていき、女性としての魅力を高めていくことが可能になっています。