EDの原因は大きく3つに分けられる

朝立ちの役割とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝立ちは健康のバロメーターともいわれており、勃起は眠りの浅いレム睡眠の時に起きています。 朝になって目が覚めたときに勃起した状態が続いていることを朝立ちといいますが、睡眠中には1時間くらいの間隔で勃起を繰り返していています。

寝ている間に起きる起きている勃起は夜間陰茎勃起現象といわれる生理現象で、レム睡眠の時によく起きています。 夜間陰茎勃起現象が起きることは健康維持にも大切なことで、ペニスの海綿体に定期的に新鮮な血液が送り込むことによって、正常な勃起力を維持する役割を果たしています。 朝立ちはペニスの血管を健康に保つために起こる生理現象で、レム睡眠の時に起きている勃起は定期的にメンテナンスを行う役割を果たしています。

快眠イラスト

夜間陰茎勃起現象が起きることは健康維持にも大切なことで、ペニスの海綿体に定期的に新鮮な血液が送り込まれることによって、正常な勃起力が維持されていると考えられています。 朝立ちにはペニスの血管を健康に保つために起こる生理現象で、寝ている間にも定期的にメンテナンスが行われていることになります。

眠っているときには浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠が繰り返されていて、レム睡眠の時には夢を見ていることが多いと言われています。 このレム睡眠の時に目を覚ますことが多いのですが、目を覚ました時にも勃起状態が続いていると朝立ちと呼ばれることになります。 通常では寝ている間に4回から8回くらい勃起現象が繰り返されていることでペニスへの血流を保つ役割を果たすことになり健康状態が維持されています。

朝立ちは男性にとってはとても重要なことで、長い間にわたって性行為や自慰行為をすることもなくて、朝立ちが長く起こらない状態が続くことは健康にとってもあまり良くないことです。 長い間にわたって勃起しない状態が続くことで、ペニスの血管や海綿体は柔軟性を失ってしまうことになり血流も悪くなってしまいます。

ペニスの健康状態を知ることで体の健康状態を知ることもできます。 若いころは朝立ちが恥ずかしい時期もありますが健康な状態であることを確認できることにもなります。 朝立ちは決して恥ずかしいことではなくむしろ健康を自慢することにもなります。 逆に最近になって朝立ちがなくて困っている人は簡単なセルフチェックで勃起状態を確認することができます。

セルフチェックの方法とは寝る前に1円切手が5枚ほど連なったものを勃起していないペニスに巻き付けて寝るだけでいいのです。 朝になって目を覚ました時に切手が切れていれば正常に勃起があった証拠になります。

朝立ちしなくなる理由は

朝立ちがしなくなる理由として考えられるのは、一つに男性ホルモンのテストステロンの分泌量が大幅に低下していることが考えられます。 勃起は起こるのは海綿体の動脈が広がって血液が流れ込むことでペニスに血液が充満して起きることになります。 この時に血管の拡張や血液の導入を促進しているのが一酸化窒素という物質です。

テストステロンには一酸化窒素を増やして血管の機能を正常に保つ働きがあって、中高年で大幅に減少しているときには更年期障害の可能性もあります。 朝立ちがしなくなる原因には血流が大きくかかわっているので血流に何らかの問題があることも考えられます。 勃起には血流が大きくかかわっているので男性の体の中で最も細いペニスの動脈に動脈硬化などの血管障害があると勃起が困難になってしまうこともあります。

血管障害は細い血管から始まることが多いので、そのままにしておくと脳や心臓などの血管にも悪い影響が及んでしまう可能性もあります。 朝立ちが全く起きなくなってきたことに気が付いたときには念のために専門医に相談してみることをお勧めします。 朝立ちから分かってくることも多くありますので、自分でセルフチェックをするなどして確認してみることも事前に病気を防止することにつながります。