EDの原因は大きく3つに分けられる

飲酒もEDの原因に!?お酒を飲むと勃たなくなる訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢を重ねると勃起しなくなる事はありますが、今若い男性でもEDで悩んでいる人はいます。 ですが、なんと飲酒が原因でEDになるという事があります。 ではなぜアルコールが原因でEDになってしまうのか。 まず飲酒をすることで、脳の働きが悪くなります。 中枢神経の中には勃起を促す神経もあるため、この神経がマヒすることで、自然に勃起しなくなってしまいます。 通常勃起は中枢神経が刺激され、刺激されることで体の中で一酸化炭素が排出されて勃起が起こります。 お酒によって通常は正常に伝達されるはずの神経伝達物質が阻害されることで、勃起しにくくなってしまいます。

お酒

2つ目は、血行が悪いと立ちませんが、実は血行が良すぎても勃起しなくなってしまいます。 血液が停滞することで勃起を維持する事が出来ます。 血液が流れているのに停滞しないと立たない原因になるのでアルコールを飲んだ後は気をつけましょう。 また普段バイアグラを飲まないと維持できない人は、お酒を飲むことでバイアグラを飲めません。 バイアグラを飲みたい場合は、飲酒はやめましょう。 アルコールを分解するには、亜鉛やビタミンが必要ですが、勃起をしたり精子を作るのに亜鉛が必要です。 この亜鉛が少なくなってしまうと、精子の量が減ってしまい、性欲も減退してしまいます。

3つ目は、毎日お酒を飲んでいる人で、気を付けなければいけないのは、肝機能を低下させ、テストステロンというホルモンの分泌を少なくすることです。 このテストステロンというのは、性欲や性力をあげる物質です。 加齢とともにこのホルモンの分泌も少なくなりますが、若くてもアルコールの過剰摂取で肝機能が低下してテストステロンは低下します。 毎日お酒をたくさん飲んでしまう、酒豪の人は注意が必要です。 毎日飲んでいても特に次の日もけろっとしている人、セックスをするとき、当日お酒を飲んでいないし大丈夫だろうと思ってはいけません。 勃起不全だけではなく、セックスの途中でペニスがなえてしまうという中折れの症状が起こることがあります。 中折れをしますと、なかなか勃起しにくく、男性も女性も恥ずかしい思いをする場合もあります。

また、全員ではありませんが、セックスで緊張してしまい、早漏になってしまうこともあるので、酒豪の人も注意が必要です。 いずれの原因も中枢神経がマヒしてしまうことでEDになってしまいます。 年齢に関係なく、若い人でも起こってしまう確率はあるので、注意しましょう。

お酒を飲むときは適量を心がけよう

まずお酒は適量が必要です。 今日はセックスしたいと思っている場合、お酒を飲みたい場合は生ビール2杯が適量です。 これが勃起を保つぎりぎりのラインと言われています。 もちろんこの基準は個人差があります。 健康のためにも適量を保ちましょう。

またアルコールを分解する食べ物も覚えておくと便利です。 おすすめは亜鉛を含んだものです。 なぜなら、肝臓の働きが促進されてアルコールの分解がよくなります。 レバーや牡蠣、枝豆やナッツなどをお酒のおつまみに選ぶと良いでしょう。 また、まったくお酒がダメというわけではありません。 適量を飲むことで性的興奮を高めてくれます。 私たちの脳は大脳皮質という部分が活発に働くことで理性を保っていますが、お酒を飲むとこの大脳皮質の働きが弱まるので、性欲を抑える力も弱まります。 普段性欲が少ない人には効果的でしょう。

さらに普段はEDという人でも、血行が促進されて精神的にリラックスすることでEDを解消できる場合があります。 お酒は百薬の長という言葉もあるほど、適量は健康にもよく勃起不全の解消もできます。 ですが、どんなに百薬の長と言われても、飲みすぎは不健康で勃起不全の原因になるので、飲酒は楽しく適量を心がけましょう。